会長挨拶

2019年度相原浩一会長挨拶

ご挨拶

S57 1K卒 相原 浩一(あいはら こういち)

ホームページをご覧の卒業生の皆様、こんにちは。
平成31年4月20日の大学同窓会定時総会において、2期目の会長続投を承認いただきました、昭和57(1982)年理工学部・経営工学科卒業の相原浩一です。

会長の続投にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

昨今の大学同窓会は、その幹事会の年齢層が50歳代のエネルギッシュなメンバが多数となり、大変活発な活動を展開しております。

活動イベントのいくつかをご紹介いたしますと、春の「公開講演会・定時総会」に始まり、ご招待いただいた県支部や学園行事への参加、東京の名所を散策する「東京江戸歴史散歩」、秋には学園祭時における「OB交歓会」や学生の「クラブ・学生団体の表彰」、冬には幹事会メンバーの勉強会としての「校外研修会」、また学生支援の一環としての「仕事研究セミナー」開催などです。

その活動は各主管委員会が中心となり企画や当日の主動・管理、さらなる改善に向けての反省会等によりPDCAサイクルを回し、確実に成果を上げている状況であります。一例を申し上げますと、4月の平成最後の公開講演会「落語の世界」においては、丹羽ホール(500名収容)を満席にする一般市民の方やOB各位にお集まりいただき、足立区での「東京電機大学」の地域貢献をアピールできる成果がございました。

現在大学同窓会は、一般社団法人東京電機大学校友会の傘下団体ではありますが、集う卒業生が楽しくなるためには、その中央幹事会が魅力ある組織であることが必要と思います。元号「令和」の由来には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ、希望に満ち溢れた新しい時代を切り開いていく」という願いが込めれていると申します。

そのため我が大学同窓会もその一翼を担うべく、同窓会会員各位を始め先生方や大学関係部署、関係団体の皆様とも連携しながらさらなる発展に向けて全力で取り組んでまいりたいと思います。皆様のいっそうのご指導・ご鞭撻・ご協力を切にお願い申し上げます。 

令和元年五月吉日

Copyright(c) 2012 東京電機大学同窓会 All Rights Reserved.